健康こらむ

脂質異常症の診断基準


新しい診断基準になったことで、これまで総コレステロール値が高いため脂質異常症と診断されていた人の中に、正常という診断が行われるケースが増えています。過去に疑いがあるとされて最近は検査を受けていない人は、新基準で判断してもらうため一度検査を受けたほうが良いです。


以前は空腹時の採血で善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いが判断されず、善玉コレステロールが多くあっても総コレステロールが高くなってしまうために脂質異常症とされてしまっていましたが、新しい診断基準では悪玉コレステロールが多い場合、善玉コレステロールが少ない場合、中性脂肪が多い場合の3つに分けて考えるようになりました。



脂質異常症で多く見られるタイプが悪玉コレステロールが多すぎる状態で、140mg/dl以上で高LDLコレステロール血症とされます。善玉コレステロールが少なすぎるタイプは40mg/dl未満で低HDLコレステロール血症とされ、血液内にある余分なコレステロールが上手く回収されずに溜まっている状態であり、動脈硬化などのリスクが高まっている状態、中性脂肪が多いタイプは中年男性に多く、150mg/dl以上で高トリグリセライド血症となります。



喫煙の有無や高血圧、糖尿病や肥満などがある人は悪玉コレステロールの管理目標値が厳しく設定され、治療方針の判断が行われています。家族の病歴なども参考に、判断される場合もあります。悪玉コレステロール値が正常範囲でも善玉コレステロール値に異常があると発症しやすくなる病気もあって、動脈硬化や血栓ができやすくなる、心筋梗塞などを引き起こす懸念があります。


年齢によっても多少の違いがあって女性は更年期を過ぎると総コレステロール値が高くなる傾向がありますが、善玉コレステロール値が高まっていることによるものが多く、心筋梗塞などの危険が低くなっています。


治療を行う場合は食事の内容に注意したり運動を取り入れるなどの生活指導から始まり、状態が悪いときには内服薬が処方されます。


関連記事

肝機能の数値(肝臓数値)と肝臓に良い食事について
γ-GTP(ガンマ-GTP)の基準値について
動脈硬化とは?危険因子についても