健康こらむ

早朝高血圧の危険性とは?どうして朝に血圧が上がるの?


血圧というのは一日の中で絶えず変化しています。その中でも特に注意が必要で血圧が一気に急上昇してしまうのが早朝の朝起きた時です。


これは高血圧の人だけでなく誰でも起きる時には急上昇するので注意しましょう。


そして高血圧の人は特に注意が必要で、一気に血圧が上昇してしまうことにより心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気が発生してしまうリスクが高くなってしまっている状態なので気をつけなければなりません。ではなぜ朝起きた時に血圧が急上昇してしまうのかというと、まず寝ている時は副交感神経が働いてリラックスした状態になっています。心拍数も減り、誰でも起きている時よりも約20%ほど血圧が下がった状態になっているのです。



つまり目が覚めて身体が活動を始めただけで約20%は血圧が上昇するわけです。さらに身体が活動するために腎臓から血圧を上昇させるためのホルモンが分泌されたりもします。寝ている時には汗をかきますので、体内の水分が減っている状態になってしまうことも血圧を上昇させてしまう原因の一つです。


体内の水分が減ってしまえば血液の濃度が上がってしまい、ドロドロ状態になり血流が悪くなります。それにくわえて目が覚めると地を固める働きのある血小板が活動を活発にさせるので血がつまりやすくなってしまうのです。血小板の働きは決して悪いものではないのですが、高血圧の状態で血がつまりやすくなっていると血管が詰まってしまうリスクが高くなってしまい、心筋梗塞や脳梗塞が起こる可能性が高くなってしまうわけです。このように誰でも朝起きた時には血圧が上昇してしまいます。



高血圧の人は特に寒い時期など布団からいきなり出るとさらに血圧が急上昇してしまう可能性が高いので注意しなければなりません。朝起きた時に血圧を急上昇させないためには、いきなり立ち上がらない、深呼吸をして血のめぐりをよくするなどの対策をしましょう。そして朝は血圧が高くなるのだということを意識しておくことが大切です。


メタボリックシンドロームと高血圧の関係を教えて!



メタボリックシンドロームとは、腹部肥満を基準にして、脂質代謝異常や高血圧、高血糖などの危険因子が重なった状態のことを言います。メタボリックシンドロームいう言葉は太っている人の代名詞のように使われ、急速に広まりましたが、おなかがでっぷりとせり出した中高年男性をただ示すわけではなく、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。


高血圧とは、血管の中を流れる血液が血管の壁に強い圧力をかけている状態です。年を重ねるごとに血管の内部にはコレステロールなどがたまり、動脈硬化をきたして血管内径が狭くなってしまいます。そして脳卒中や心筋梗塞、狭心症などの病気を引き起こします。



高血圧の直接的な原因は、血液の量が多すぎるまたは血管が収縮して拡張しにくい状態ですが、なぜそのようになるかというと、塩分の取りすぎがまず挙げられ、塩分過多と並ぶ重要因子に内臓脂肪型肥満が挙げられます。内臓脂肪がたまりすぎると、生理活性物質の分泌異常が起き、インスリンの働きが弱くなます。そのため膵臓から大量にインスリンが分泌され高インスリン血症になります。



また、メタボリックシンドロームと高血圧の関係性は、インスリン抵抗性にあります。インスリン抵抗性とは糖が付加されたときに血糖を下げるため多くのインスリンを必要とする状態のことです。これは標準の体型の人よりも肥満体型の人はより多くのインスリンを必要とするため、その効果が得られにくい状態ということです。


メタボリックシンドロームに当たると診断された人の中で、異常値を示す割合が多いのが高血圧でもあります。このことからもメタボリックシンドロームのような心臓病や脳卒中の危険性が高い状態にある場合は血圧のコントロールが鍵を握ります。


具体的には、減塩をする、ストレスを減らしていく、肥満を解消することが考えられます。このような生活習慣を改善しても目標値にまでならない場合は、投薬を考えたほうが最善です。


関連記事

肝機能の数値(肝臓数値)と肝臓に良い食事について
動脈硬化とは?危険因子についても
サポニンとは?副作用は大丈夫なの?