健康こらむ

サポニンとは?副作用は大丈夫なの?


サポニンは、大豆や薬用ニンジンなどに多く含まれる成分で、健康を維持するのに様々な効果が期待できるとして食品以外にもより効率よく摂取するためにサプリメントやお茶といった形で販売されていることもあります。


サポニンには、水と油の両方に溶ける性質があり、脂質を溶かすため古来より石鹸などに使われていたようです。体への効果としては、コレステロール値を抑制する効果や、血行を促進する作用などがあるとされていて、特にニンジンに含まれるサポニンには血流を良くして血栓ができにくくする作用があるとされています。



また、ウィルスや細菌などから体を守るナチュラルキラー細胞を働きを活性化させて免疫力を高める作用もあるので、風邪やインフルエンザなどにかかりにくくする効果も期待できるとされています。その他にも、肝機能を高めたり肥満予防、咳や痰などを抑制する作用もあるので、摂取することで健康維持につながる効果があるのです。



ただ、含まれている植物によって効果や効能が変わってくるため、場合によっては副作用や毒性を起こす可能性があるとされています。サポニンには大豆やニンジン以外にも黒豆、ヘチマ、ゴボウなどに含まれており、植物の種類によって性質や働きが異なってきます。


中には、界面活性作用があるサポニンもあるため過剰に摂取しすぎると細胞膜を破壊しまうこともあるので注意が必要です。



また、コレステロールを分解させる作用がありますが、これは悪玉コレステロールでなく善玉コレステロールも分解させてしまうため、赤血球を破壊する溶血作用につながってしまうので、過剰に摂取してしまうと貧血になるなどの健康被害が起こることがあります。


加えて、稀にアレルギー症状に似たようなケースが出ることもあるので、健康や美容に良いからといって自己判断で摂取してしまうと大変なことになりますので、必ず用量・用法を守ることが前提といえます。


サポニンの摂取量の目安は、大豆サポニンであると一日100mgが目安とされていまので、成分表などを確認しながらそれ以上多く摂取しないように気を付けながら健康のために役立ててみてはいかがでしょうか。


関連記事

早朝高血圧の危険性とは?どうして朝に血圧が上がるの?
糖尿病治療にかかる費用はいくら?
血糖値が高いとダメなのはなぜ?どんなリスクがある?