健康こらむ

糖尿病治療にかかる費用はいくら?


糖尿病の治療には投薬なしで生活習慣を中心とした治療や投薬ありで行われる治療、最終的にはインシュリン注射などを利用しての治療など色々なものがあります。一般的には糖尿病にかかってくる治療費用はほかの病気と比較すると高くなりやすいといわれているのですが、その相場としてはどの程度になるのでしょうか。


まず投薬なしで治療する場合は薬代などはかからないのですが定期的に診察を受ける必要があるので、費用の基本は外来でかかる診察料金程度となります。相場としては保険で3割負担の人の場合で月3600円前後となっており、通院の頻度によってはこれを上回る事もありますし逆に下がってくる事もあります。症状が安定していて血糖コントロールが良好である場合は半年に1回程度となる事もあるので、年に数千円程度で収まると言う場合もあるようです。



では経口薬による投薬を行う場合の費用の相場はどうなのかと言うと、上記に加えて薬代や処方せん料金がかかってきます。薬の種類や量によっても異なってくるのですが、こちらの場合はおよそ月で7500円程度となります。そしてこちらで注意しておきたいのがほかの疾患の治療も行っている場合であり、その場合は薬の指導やほかの薬の処方代もかかってきます。なのでこの相場はあくまで糖尿病のみに限定した費用の相場です。


そしてインシュリン注射による治療にかかる相場に関しては経口薬も継続して利用しているのかどうかによって異なり、上記に加えてインシュリン注射に関連する管理指導料金などがかかってきます。また病院でもインシュリン指導に関する費用がかかってくるようになるため負担額が一気に高くなりやすい傾向があり、相場としては月でおよそ10000円程度になると言われていますが場合によっては30000円以上かかる場合もあるようです。


このように糖尿病の進行と治療内容が深刻になるにつれて、治療費用の相場も高くなっていく傾向があります。


関連記事

早朝高血圧の危険性とは?どうして朝に血圧が上がるの?
サポニンとは?副作用は大丈夫なの?
血糖値が高いとダメなのはなぜ?どんなリスクがある?