健康こらむ

高血圧症の予防や改善のために知っておきたいコト


近年の会社の健康診断などで、新たに加えられてきているチェック項目に生活習慣病があります。詳しい病名で、高血圧症とされている項目です。なぜ新たに加えられたのでしょう。それは、近年の人々の生活習慣が、高血圧の傾向になりやすくなっているからなのです。高血圧をそのままほうちしていては、さらなる思い深刻な病気になっていってしまいます。例えば、動脈硬化や脳卒中、または心臓病などです。このような病気になると、まともな生活はできません。病院での入院、通院などで、治療が必要になります。そうならないために、初期の段階での治療、そして生活の改善が必要で、重要なのです。そして注意しなければいけないのが、初期の段階では、ほとんど自覚症状が無い、ということ。


ですから、高血圧症はどんどん進んでいってしまうのです。職場の健康診断や、医療機関での健康診断で、もしも高血圧症の傾向が認められたならば、治療が必要ではありませんが、直ぐにでも生活を見直すようにすべきなのです。放置していては、高血圧症は悪化して、本格的な治療が必要になってきてしまいます。


高血圧症とは、薬だけで簡単に治療することは難しいものです。日常の食事や運動などの改善を地道に行っていくことが求められます。まずは、食生活の改善です。高血圧症の人の食事は往々にして、味付けが濃いものを選びがちです。そのような料理には、塩分が多く含まれています。またカロリーも高いものが多いでしょう。そのような食事が病気を作っていくのです。ですから、今後は減塩とカロリーオフをメインとした食事の改善をしなければいけません。同時に日常生活の中に運動することを採り入れれば尚、高血圧症は改善へと向かいます。


高血圧症と肥満の関係



健康診断で、高血圧症の疑いがある、とされたならば、精密検査をまずは受けてください。そして初期の高血圧症と診断されたならば、自分の生活を見直してみましょう。なぜならば、高血圧症というのは、生活習慣病のひとつだからです。これは普段健康的な生活を送っていないつけがまわった、または、乱れた生活ゆえに病気になってしまったと、思うべきです。


高血圧症の初期段階では、自覚症状はありません。ですから自分が高血圧症だとは全く気付かなかったのです。しかし、ひとつ言えることがあります。それは、高血圧症は肥満と密接な関係があるということです。診断が下りる前に多分、自分の肥満に関しては気づいていることでしょう。つまり肥満してしまう生活習慣を持っていると言えるのです。


ですから、まずは肥満解消することを考えましょう。肥満解消することで、ひいては高血圧症が改善していくと言えるのです。肥満解消には、運動と食事が大きく関わっています。この二つを正常にするようにしましょう。


適度な運動を生活の中に採り入れていきましょう。運動でも有酸素運動を毎日行うことが重要です。具体的には、ウォーキングやサイクリング、スイミングなどがいいでしょう。長続きする、自分が好きな運動がいいでしょう。これからずっとやっていけるものを選んで始めるといいでしょう。たとえ痩せたからと言って止める様なものではいけません。止めればまたもとに戻ってしまいます。習慣として、採り入れてしまうことが大事です。


食事もそうです。高カロリー食ばかり食べていては肥満になるのも、無理はありません。正しい食生活をこの先もずっと続けていくようにすることが大事なのです。


高血圧症の予防と改善のために



高血圧症は別名で、生活習慣病と言われます。言葉のごとく、生活の習慣が間違っていると起きる疾患です。ですからよほど酷い状態でなければ、医療機関で治療をすることはありません。しかし、だからと言ってそのまま放置していけば、必ず病気は進み、心筋梗塞や心臓病などの大病に繋がっていく可能性が高くなります。ですから職場の健康診断などで疑いが持たれた時点で、まずは、自分の生活を見直して、正しい生活をお送るように努力をしていきましょう。それが、生活習慣病、高血圧症の改善になります。また日本人は高血圧症になりやすいと言われていますから、異常が全くなくても、生活を見直して、正しく生活することが高血圧症の予防になるのです。


まずは、食生活を見直していきましょう。規則正しい食生活を送っていますか。バランスのとれた食事を摂っていますか。高血圧症で気を付けなければいけないのが、塩分の摂取量です。出来るだけ控えるようにしなければいけません。サラリーマンなどの場合はどうしても外食になるケースが多いですから、どうしても塩分を過剰に摂ってしまいがちです。外食でもメニューの選び方で、塩分を抑えることは出来ます。コンビニの弁当なども塩分は高いですから、出来れば自分で弁当を用意したいものです。高血圧症の方は、濃い味付けのものを好む傾向があります。今後は薄味の習慣を持つことが病気の改善に繋がりますし、予防にもなります。また間食を避けることも習慣としていきましょう。また常に腹八分目を意識することも大事です。そしてタバコは止めてお酒も飲み過ぎないように。



このような正しい食生活に加えて運動を採り入れることも重要です。運動と言っても何も本格的にすす必要はありません。まずはジョギングやウォーキング、休日にサイクリングなどをするだけで変わっていきます。できれば有酸素運動がいいと言われていますから、その種の運動を加えると効果的です。このように、正しい食事、そして運動をすることで高血圧症は良くなります。ただし、机上の考えではいつまでたってもいけません。実行あるのみです。継続が重要なのです。