健康こらむ

更年期の女性とホルモンバランスとの関係性


毎月毎月辛いと思っていた月経がやっと終わったと思ったとたんにあらわれる更年期。頭痛、のぼせ、冷え、しびれ、疲労感、気分の落ち込みなど人によって様々な症状があらわれます。もちろん症状には個人差が大きく、中にはまったく症状があらわれない人もいるそうです。


月経がある間、卵胞を成熟させ排卵をおこす時に女性ホルモンが大変大きな役割を果たしています。女性ホルモンは性周期以外にも、女性らしさをつくったり、骨を丈夫にしたりという恩恵をもたらしてくれるのです。しかし閉経することによってその女性ホルモンの分泌が一切なくなってしまい、ホルモンバランスが崩れ、様々な不調がおこります。それが更年期障害なのです。



一生の間に分泌される女性ホルモンの量はわずかティースプーン1杯分といわれています。そんなわずかな分量の物質に、私達の身体はいい意味でも悪い意味でも翻弄されてしまうのです。


更年期障害を改善するには、つまり減少してしまった女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを回復してあげればよい。というわけで現在行われているのがホルモン補充療法(HRT)です。女性ホルモンであるエストロゲンを飲み薬、貼り薬、塗り薬で体内に補充してあげる治療法です。治療開始などに不正出血などの副作用がおきることもありますが、治療を続けていくことでおさまってきます。


しかし女性特有のがんや狭心症などの病気をもっている人は、残念ですが治療を受けることができません。それ以外は有効な人が多いようですので、症状に悩む人は1度医師に相談してみてはいかがでしょうか。



積極的な治療以外でも、更年期障害は食事などの生活習慣、心理的な要因が非常に大きいといわれています。食事では大豆製品が女性ホルモンのバランスを整えるのに有効だといわれています。そして適度な運動をしたり、不安をなくすための気分転換など個人でできることを実行して、あまり悲観的に考えずに前向きに乗り越えることがとても大切なことなのです。


関連記事

肝機能の数値(肝臓数値)と肝臓に良い食事について
γ-GTP(ガンマ-GTP)の基準値について
動脈硬化とは?危険因子についても