痛風こらむ

尿酸値と水・その他飲み物との関係


足の指の関節等が突然痛み出す痛風は、体内の尿酸値の高い状態が続くことでなる病気です。この尿酸は、正常な人でも体の新陳代謝によって毎日一定量つくられる物質ですが、体内で増えた尿酸は、正常な人の場合には速やかに排出されます。一方で血液中の尿酸値が高い状態(高尿酸血症)の人は、いずれ尿酸が結晶化して関節にたまり、ある時点で痛風の発作に見舞われます。


痛風の発作を避けるためには、血液中の尿酸値を下げるのが1番です。ここでは、尿酸値を下げて、かつ、老廃物の排出を促進すような飲みものには、どんなものがあるのかみてみます。


最初に思い起こされるのは水でしょう。みずには、それ自体に尿酸を減らす効果があります。そして、尿や汗で老廃物の排出が進みます。ただ、水にはそれほど利尿作用がありませんので、脱水症状を防ぐのには効果的ですが、尿酸の排出を促進させる効果は中くらいです。



それでは、より効果の高い飲み物を探してみますと、だれでも飲んでいるお茶がみつかります。お茶は、それ自体が尿酸値を下げる作用をすると共に利尿作用もあり、かつカロリーゼロの飲み物ですから効率良く尿酸値を下げられます。他には、尿酸値を下げる作用はないものの、利尿作用のある飲み物ではコーヒーも良いでしょう。


ところで、尿酸は酸性物質ですから、血液が酸性になり、排出される時には酸性の尿となります。もし、血液をアルカリ性にもっていければより多くの尿酸が尿の中に溶けて排出されます。そのためには、アルカリ性の飲み物を飲むのが効果的です。このようなアルカリ性の飲み物には、酢やレモン汁があります。これらは、そのままでは飲みにくいですから、水などに溶かして飲むと良いでしょう。



なお、尿酸値を上げてしまう飲み物もありますので少し列挙しておきます。まず、アルコール類、特にビールはよくありません。その次に糖分の含まれている清涼飲料水の類も飲まないようにします。いずれも尿酸の元になるプリン体という物質を多く含んでいます。


関連記事

尿酸値を下げたい方のための薬について
尿酸値を下げるためのサプリや運動についての解説
尿酸値が上がる2種類の大きな原因